050番号で電話代が無料?

050番号を使用するIP電話の最大の特徴は通話料金が格安であることであり、特に同一のIP電話基盤グループに契約の「050番号」IP電話へ電話をかけた場合、通話料が無料となることが多いです。
ただし、無料であるかどうかは「050」番号を提供している業者によって異なり、また同じIP電話でも契約している業者が異なる場合は無料にならないので注意が必要です。

IP電話は何故通話料が安いのか

IP電話は通常の電話回線ではなく、デジタルに変換された音声データをインターネット回線で送受信している電話です。
その為、コストの低減を実現することができ、通話料金そのものを低く抑えることができるのです。

通話料が無料になる条件

伝をかけた相手が、同じ050番号を使用したIP電話であったとしても必ず無料になるわけではありません。
無料になるには、あくまで、同一のIP電話基盤グループに契約の「050番号」である必要があります。
また、この無料サービスは業者が独自に行っているサービスであるので、業者によっては行っていない可能性もあります。
注意してください。

「同一のIP電話基盤グループに契約」とは?

IP電話サービスは一つの電話会社が行っているのではなく、複数の事業者がIP電話サービス事業を展開しています。
日本で言えば、NTT東西やKDDI、ソフトバンクなどが有名です。
IP電話を使用する場合、「050-XXXX-YYYY」という形式の050から始まる11桁のIP電話サービス用の電話番号が割り当てられます。
このIP電話専用の電話番号では、050に続く「XXXX」の部分は事業者識別番号と呼ばれ、次のようにどのIP電話サービス事業者からサービスの提供を受けているかが識別されます。

事業者識別番号の一例
IP電話網事業者 事業者識別番号
NTTコミュニケーションズ株式会社 050-3300~3817-XXXX
050-3900~3901-XXXX
050-5000~5003-XXXX
050-7000~7001-XXXX
050-8686-XXXX
KDDI株式会社 050-2525-XXXX
050-3000~3251-XXXX
050-5004~5007-XXXX
050-5200~5208-XXXX
050-6000-XXXX
ソフトバンクテレコム株式会社 050-2000~2036-XXXX

たとえば、IP電話をかけた方の050番号が「050-3300-XXXX」の場合、NTTコミュニケーションズと契約しているIP電話となるので、同じNTTコミュニケーションズの事業者識別番号に電話をかけた場合は、無料になります。
しかし、かけた先の050番号が「050-6000-XXXX」となっている場合、その番号はKDDIとの契約を意味しており、「同一のIP電話基盤グループ」にはならないので、通話料金がかかることになります。

無料かどうかは確認を

同一のIP電話基盤グループに契約の「050番号」に電話をかけた場合、通話料が無料になるというのはあくまでその電話網事業者が行っている独自のサービスに過ぎません。
業者によってはこのサービスをしていない場合もありますので、サービスの有無は契約目にしっかり確認してください。
もっとも、NTT東西やKDDI,ソフトバンクなど大手の通信事業者にはまずこの無料サービスがあります。
特にここで紹介しているOCNドットフォンオフィスでは、この無料サービスのみならずひかり電話の併用などさまざまなメリットがありますので、IP電話契約をするならば、NTTのOCNドットフォンオフィスが間違いなくおすすめです。

050番号にはどんなメリットがあるの?

OCNドットフォンオフィスでは、050IP電話同士なら通話料無料になるだけでなく、NTT東日本及び西日本のひかり電話と併用できます。
これにより、日本全国どこでも同じ050番号が使用できるだけでなく、050IP番号対応機器を追加するだけで、会社と外出先社員間の通話が無料になるなどのオトクなサービスが利用できます。
拠点間のさらなるコスト削減や業務効率の向上にまさにうってつけです。

ひかり電話との併用のメリット

「OCNドットフォン オフィス」は、NTT東日本・NTT西日本のひかり電話との併用が可能です。
これにより050番号は、日本全国どこでも同じ番号が使えるので、オフィスを移転しても電話番号の変更を伝える手間が省けます。
また、日本全国に張り巡らされたNTTのひかり電話網を使いますので、光回線未対応エリアだから利用できないといったサービスの偏りが生じず、さまざまな地域で利用することができます。

社と外出先社員間の通話が無料てどういうこと?

OCNドットフォンオフィスでは、外出先社員の携帯電話を050モバイルIP電話サービス「050 plus for Biz」または「リモートオフィスソリューション」にすることで、会社と外出先の社員間の通話が無料になります。

050 plus for Bizとは?

050 plus for Bizは、NTTが提供するスマートフォンでのビジネス通話をお得にする電話アプリです。
このアプリを入れるだけで社員の通話は無料になります。
特にビジネス専用の050番号を設定することができ、プライベート番号を相手に通知することなく、社員の携帯電話を業務に利用できるようになります。

リモートオフィスソリューションとは?

リモートオフィスソリューションは、NTTが提供するスマートフォン端末からいつでもどこでも安全・便利に仕事ができるオフィス環境を実現するサービスです。
内線通話を無料にすることができ、「OCNドットフォン オフィス」と組み合わせることによって、会社と外出先の社員は内線感覚で無料の通話をすることができます。

基本料金をお得に

OCNドットフォン オフィスは、2chプラン700円(税込756円)、4chプラン1,400円(税込1,512円)と非常に安い月額基本料で使用することができます。
また、「2chnプラン」「4chnプラン」「4chn・4番号バリュームパック」と3つの料金プランから自由に選ぶことができます。

格安の基本料金

OCNドットフォン オフィスはIP電話ならではの通話料が無料または格安で、通信コストの大幅削減が可能です。
実際、月額利用料は、2ch・1番号で735円から使用することができます。
また、050追加番号1番号あたり月額50円で最大200番号まで増やすことができます。
追加chの場合は、1chあたり月額100円で最大32chまで増やすことができます。

選べる3つのプラン

OCNドットフォン オフィスでは、「2chnプラン」「4chnプラン」「4chn・4番号バリュームパック」と3つの料金プランが最初から用意されており個の中から自由に選ぶことができます。
中でも最もお薦めとされているのは「4chn・4番号バリュームパック」です。

プラン名 2chnプラン 4chnプラン 4chn・4番号バリュームパック
月額基本料 700円(756円) 1400円(1512円) 980円(1058.4円)
番号数 基本契約番号×1 基本契約番号×1 基本契約番号×1
050ダイヤルイン追加番号×3
チャンネル(ch)数 2ch 4ch 4ch
オプションサービス 無し 無し 転送・留守番サービス(基本契約番号)

4chn・4番号バリュームパックについて

「4ch・4番号バリューパック」は、4ch(IP電話4通話分)、4番号(基本契約番号1番号+050ダイヤルインサービス3番号)、基本契約番号の転送・留守番サービスが月額1,029円 (税込)で利用できるプランです。
電話取次ぎの軽減など業務効率化に役立つ複数の050番号や転送・留守番サービスを利用できるお薦めのプランです。

かけるとお得

OCNドットフォンオフィスでは、IP電話ならではの通話料が無料または格安で、通信コストの大幅削減が可能です。
契約者同士の050IP電話の通話は無料であるだけでなく、一般加入電話(固定電話)への通話は、全国一律8.4円/3分、携帯電話へは、全事業者一律16.8円/1分と非常に安い通話料金となっています。

契約者同士の通話の

通話の相手が同じOCNドットフォンオフィスの契約者の場合、日本全国どれだけ話しても無料となります。
また、契約者同士以外であっても、通話先が無料通話先プロバイダであるならば無料になります。
ただし、逆に無料通話先プロバイダからOCNドットフォン オフィスの050番号へ通話する場合は有料となります。

格安の通話料金設定

OCNドットフォンオフィスで電話をかける場合、相手が一般加入電話であろうが、携帯であろうが、または国際電話であろうが非常に安い通話料金に抑えられています。

相手が一般加入電話の場合

一般加入電話に電話する場合の通話料は全国一律3分毎8円(税込8.64円)と定められています。
これを一般加入電話で横浜から東京へ電話した場合と比較すると次のようになります。

  • 一般加入電話で電話→3分毎30円(税込32.4円)
  • OCNドットフォンオフィスで電話→3分毎8円(税込8.64円)

横浜-東京間と同じ距離を電話しているにも関わらず、OCNドットフォンオフィスの通話料金は一般加入電話の僅か1/10です。
しかも、一般加入電話の通話料金は距離によって変動するに対し、OCNドットフォンオフィスの通話料金は全国一律です。
その為、遠方のお客さまや取引先などに頻繁に電話する会社ほど、電話代を大幅に削減することができるのです。

相手が携帯である場合

携帯電話に電話する場合の通話料は全事業者一律16.8円/1分と定められています。
これを一般加入電話が携帯に3分間電話した場合と比較すると次のようになります。

回線の種類 通話料金(3分間)
一般加入電話からの通話 NTTドコモ:70円(税込75.6円)~90円(税込97.2円)
KDDI(au):90円(税込97.2円)~120円(税込129.6円)
ソフトバンクモバイル:120円(税込129.6円)
OCNドットフォンオフィスでの通話 全事業者一律48円(税込51.84円

一般加入電話比較して、通話料金が非常に格安であるだけでなく、どこの携帯電話にかけても一律16.8円/1分というのは非常に魅力的です。
特に外回り社員の携帯への電話代も大幅に減らすことができます。

相手が国際電話である場合

CNドットフォン オフィスなら、海外への通話も一律料金で可能です。
例えば、アメリカ1分9円、イギリス1分20円、中国1分29円とおトクな料金で電話をかけることができます。
海外の支店や海外の顧客、取引先の工場など海外への通話も気にせずかけることができます

その他の特徴

OCNドットフォンオフィスで電話をする場合、次のような特徴があります。

  • 短縮ダイヤルなどに050番号を設定すれば内線感覚で利用することができます。
  • OCNドットフォン オフィスから無料でかけられる050IP電話は、約300万番号以上

受けるとお得

OCNドットフォン オフィスでは一般加入電話や携帯から050番号への着信があると、着信時間1分につき、0.5円(税込0.54円)が当月の発信通話合計から割引になるサービスを展開しています。
さらに、一般加入電話から050番号へは、全国一律10.8円(税込11.664円)/3分で、かけてくる方の通話料負担を少なくするまさにwin-win関係を構築しています。

電話を受けたら受けただけお得な割引サービス

OCNドットフォン オフィスでは、050番号を着信番号として利用するだけで、毎月の発信通話料を削減できる画期的な割引サービスを行っています。
これは「着割」と呼ばれるサービスで、一般加入電話や携帯電話などからOCNドットフォン オフィスの050番号に着信があった場合、着信通話60秒ごとに0.525円(税込)が当月の発信通話料の合計額から割引になります。
この着割サービスを受けるにあたっては、申込手続や月額利用料は不要であり、OCNドットフォン オフィス契約者であれば、自動的に割引が適用されます。

かけてくる方の負担が少ない通話料金

OCNドットフォン オフィスでは、一般加入電話からOCNドットフォン オフィスの050番号への通話料が全国一律3分11.664円(税込)とかけてくる方の通話料負担を少なくするよう設定されています。
この負担の少ない負担の通話料負担は、特に通販ショップや旅館・ペンションなどにおいて売上や顧客満足度の向上に直結します。
「着割」と合わせると、会社にとっては、顧客に喜んでもらえるうえ、着信側が通話料をすべて負担する必要もなく、さらに毎月の通話コストも削減できてしまうという、まさに一石三鳥の効果が見込めるのです。

着割について

着割はOCNドットフォン オフィスの標準サービスセットの1つで、一般加入電話やケータイから050番号への着信時間1分につき、0.5円(税込0.54円)が当月の発信通話料合計から割引になるサービスです。
申込手続および月額利用料は不要であり、OCNドットフォン オフィス契約者であれば、自動的に割引が適用されます。

着割のメリット

「着割」では一般加入電話や携帯電話などからOCNドットフォン オフィスの050番号に着信があった場合、着信通話60秒ごとに0.54円(税込)が当月の発信通話料の合計額から割引になります。
例えば、中小事業所における1日あたりの着信時間を1時間程度とした場合、1ヵ月の営業日が20日ならば毎月の「着割」による割引額は約600円になります。
このメリットは、特に、コールセンターなど着信機会の多い業務の場合、「着割」による割引メリットはさらに大きくなります。
もともと IP電話は一般加入電話より割安ですが、OCNドットフォン オフィスなら、この「着割」のおかげで一層おトクになっています。

便利な着割

着割はお客からのお問い合わせや社員からの業務連絡の電話がかかってくるだけで割引になるので、元々安い通話料金が更にお得になります。
しかも着割は少しの工夫で大きな割引ができるのが魅力。
例えば、社員5人が外出先から5分程度の業務連絡を1日15回するだけでも、1ヶ月でなんと1250円も割引することができます。
また、有料オプションである「代表機能」を使用している場合は着割をさらに効率的に活用することができることも注目です。

電話番号表示サービスについて

電話番号表示サービスはOCNドットフォン オフィスの標準サービスセットの1つで、電話機 のディスプレイ画面に発信者の電話番号が表示されるサービスです。
電話に出る前にかけてきた相手の電話番号がわかるので、電話での応対もスムーズにすることができます。

電話番号表示サービスの機能

電話番号表示サービスはナンバー・ディスプレイに対応した機器でのみ利用することができるサービスで、電話機のディスプレイに合かけてきた相手の電話番号が表示されるので、電話に出る前にかけてきた相手の電話番号がわかるので、電話での応対もスムーズにすることができます。
また、非表示番号の場合や、以前イタズラ電話としてかかってきた電話番号の場合は出ないということもできますので、迷惑電話対策にもなり、業務効率の向上をすることもできます。

電話番号表示サービスの特徴

電話番号表示サービスは基本的にはNTT東西が一般加入電話でも行っている「ナンバー・ディスプレイ」サービスと同じものです。
ただ、「電話番号表示サービス」では、契約の050番号に着信した場合に使われます。
また、ナンバー・ディスプレイに対応した機器でないと利用することが出いないので注意が必要です。
もっとも、現在、流通している電話、特に会社で使用するビジネスフォンの場合、ほぼ100%、ナンバー・ディスプレイに対応していますので、それほど神経質になる必要もありません。

電話会議サービスについて

電話会議サービスは、OCNドットフォン オフィスの標準サービスセットの1つであり、OCNドットフォン オフィスや一般加入電話、携帯電話等からの複数の通話を同時に接続し、いつでも簡単に電話会議を開催できるサービスです。
緊急時など臨時の打ち合わせが必要なときでも、担当者間で迅速な対応ができ、また組織間のコミュニケーションや情報共有の効率化に役立つなど様々なメリットがあります。
なお、このオプション自体は無料ですが、会議利用料や通話料は別途にかかります。
また一斉呼び出しサービスなど電話会議サービスオプションがあるのも特徴です。

電話会議サービスのメリット

電話会議サービスを使用することで、さまざまな場所から複数の人が気軽に電話会議をすることができます。
緊急時など臨時の打ち合わせが必要なときでも、担当者間で迅速な対応ができ、また組織間のコミュニケーションや情報共有の効率化に役立てることができます。
さらに、定期的に開催していた集合会議を電話会議に変更することで、会議のたびにかかる交通費・出張費・移動時間のロスも省け、業務効率を大幅にアップさせることができます。

電話会議サービスの諸費用

この電話会議サービスはオプション料金自体は無料ですが、テレビ会議を行うたびに会議利用料と通信費が別途にかかります。

会議利用料

会議電話サービスの利用料で、参加回線数と時間に応じて契約者に課金されます。
OCNドットフォン オフィスの電話会議サービスの場合、1参加者あたり1分25円(税込1分27円かかります。

通信費

電話会議サービスへのアクセス方法により異なります。
アクセス方法には「ダイヤルアクセス型」と「呼び出し型」があり、それぞれ次のような通信費が設定されています。
なお、ダイヤルアクセス型は電話会議サービス参加者ごとへの請求となるのに対し、呼び出し型は「OCNドットフォン オフィス」ご契約者への請求となります。

ダイヤルアクセス型

  • 「OCNドットフォン オフィス」からのご利用(050番号アクセス):無料
  • 0570番号アクセス:一般加入電話で市外局番が03地域からは3分8.5円(税込3分9.18円)/市外局番が03地域以外からは3分20円(税込3分21.6円)

呼び出し型

一般加入電話:3分8円(税込3分8.64円)

電話会議サービスオプションについて

電話会議サービスには、「一斉呼び出しサービス」と「会話録音・再生サービス」という2つの電話会議サービスオプションがあります。

一斉呼び出しサービス

事前登録されたメンバーの電話番号を一斉に呼出し、電話会議を行うことができるサービスで、無料で使用することができます。

会話録音・再生サービス

会議の内容を録音したり、その録音を再生することができるサービスです。
会議録音の録音料金は60分まで2,000円(税込2,160円)、以降60分ごとに1,000円(税込1,080円)追加されます。
また、会議利用料(1分25円(税込1分27円))×録音分数が加算されます。
一方、再生サービスの再生料金は「会議利用料(1分25円(税込1分27円))×再生分数」がかかります。

ひかりライン通話定額について

ひかりライン通話定額はOCNドットフォン オフィスの有料オプションの1つで、1chあたり月々300円(税込324円)で、「ひかりライン」等と無料で通話することができるようになります。
「ひかりライン」等との無料通話化により、OCNドットフォン オフィスからの無料通話先がさらに拡大!拠点間の通話コストの削減にも役立ちます。

「ひかりライン」とは?

ひかりラインとは、契約者の電話設備とNTTコミュニケーションズを光アクセスで直接接続することにより、低廉な通話料金を実現する事業所向けのISDN(デジタル回線)サービスです。
品質の高いクリアな通話が可能であり、また、ひかりライン1回線で一般加入電話23回線相当分がご利用できます。
「ひかりライン通話定額」はこのひかりラインを050番号でも無料で使用することができるようになるオプションです。

ひかりライン通話定額の料金

「ひかりライン通話定額」には月額利用料金だけでなく、初期工事費が必要です。

金額
月額使用料 1chあたり300円(税込324円)
工事費 1契約あたり2,000円(税込2,160円)

なお工事費は、OCNドットフォン オフィスの設置工事と同時に行えば無料になります。

国際電話利用休止について

「国際電話利用休止」はOCNドットフォン オフィスの追加オプションの1つで、契約の050番号から国際電話への発信ができないように規制するサービスです。
これにより、国際電話への誤発信を防ぐことができます。
またこのオプションは別途の申し込みが必要ですが、無料で利用することができます。

国際電話利用休止の仕組み

国際電話の通話料金は割高であるので、間違って国際電話ににかけてしまうことを防止したい。
そのようなときに便利なのが「国際電話利用休止」オプションです。
このオプションを事前に利用しておけば、誤って国際電話に発信しても、「おかけになった国際通話はお客様のお申し出によりご利用いただけません」とのメッセージ応答がなされ、先方には接続されません。

国際電話利用休止の費用

「国際電話利用休止」の月額利用料及び工事費は無料です。
オプション使用の申し込みをするだけで使用することができるようになります。

国際電話利用休止の注意点

「国際電話利用休止」を利用するにはは050番号ごとに申し込みが必要となります。
また、国際電話への発信を一律規制するので、国別、地域別での規制はできません。
さらに、国際電話からの着信については規制できません。